MRT空港線、全車両にWi-Fiを導入へ

2015年12月に開通予定の臺灣桃園國際機場聯外捷運系統(MRT桃園国際空港線)で、桃園市政府は全車両と全駅に4G LTEを利用した高速Wi-Fiエリアの設置を目指していると発表しました。

f:id:monosqu:20150514015744j:plain

MRT空港線において、訪台外国人観光客が無料で利用できる無線LAN(Wi-Fi)サービスを開始することにより、桃園空港よりMRTを利用する訪台外国人観光客が便利で快適なインターネットが利用可能となります。

MRT桃園線は全線約51キロ、23駅を結ぶ予定の路線。台北駅と桃園国際空港を結ぶMRTは急行形で所要時間は約35分を予定している。さらに交通部は本線の主要駅である「台北駅」や「新北產業園區駅」等でインタウン・チェックインサービスや手荷物預かりサービスなども実施する予定とのこと。

打造4G城市 機捷創全線Wi-Fi – 桃園 – 今日大話新聞

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です