MRT空港線、インタウンチェックインサービス導入へ – イメージ図公開

2015年12月に桃園国際空港と台北市内を結ぶ、臺灣桃園國際機場聯外捷運系統(MRT桃園国際空港線)の開通を目指している桃園国際機場股份有限公司は、同空港から出国する旅客の利便性向上を目指し現在、MRT空港線の台北(A1)駅で、出国する旅客のための航空券の搭乗手続き(チェックイン)サービスの提供を計画している。出国する旅客の受託手荷物は検査を通過すれば、列車から直接、空港の手荷物作業場に送られ、旅客は機内持ち込み手荷物だけを持って身軽に空港に向かうことができる。

台北(A1)駅以外にも本線の主要駅である新北產業園區(A3)駅でもインタウンチェックインサービスの設備導入を進めていると交通部高速鐵路工程局による建設計画概要に記載されています。

国際空港につながるMRT駅でのインタウンチェックインサービス導入は、香港、クアラルンプール、バンコクに続く世界4都市目となります。

f:id:monosqu:20150518170502j:plain

MRT桃園線は全線約51キロ、23駅を結ぶ予定。台北駅と桃園国際空港を結ぶMRTは急行形で所要時間は約35分。

f:id:monosqu:20150516120543j:plain

写真は高鐵桃園站に隣接しているMRT空港線の高鐵桃園(A18)駅

 

空港MRT建設計画概要(臺灣桃園國際機場聯外捷運系統 建設計畫辦理情形

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です