中華電信、松山空港・桃園空港・台中空港・高雄空港にて4G LTEデータ容量無制限プリペイドSIMカードプランを提供

台湾の松山空港で販売されている中華電信のカウンターにてデータ容量無制限の4G LTE対応プランが提供されていることが@sumasaさんのツイートでわかりました。

今回新たに追加された4G LTE対応プリペイドプランは以下。

  • [3 Day Pass] 300台湾ドル(300台湾ドル = 約1,200円)
    • 無料通話分 100台湾ドル
    • 日数:3日間
  • [5 Day Pass] 300台湾ドル(300台湾ドル = 約1,200円)
    • 無料通話分 50台湾ドル
    • 日数:5日間
  • [5 Day Pass] 500台湾ドル(500台湾ドル = 約2,000円)
    • 無料通話分 300台湾ドル
    • 日数:5日間
  • [7 Day Pass] 500台湾ドル(500台湾ドル = 約2,000円)
    • 無料通話分 150台湾ドル
    • 日数:7日間
  • [10 Day Pass] 500台湾ドル(500台湾ドル = 約2,000円)
    • 無料通話分 100台湾ドル
    • 日数:10日間
  • [15 Day Pass] 700台湾ドル(700台湾ドル = 約2,810円)
    • 無料通話分 100台湾ドル
    • 日数:15日間
  • [15 Day Pass] 800台湾ドル(800台湾ドル = 約3,215円)
    • 無料通話分 250台湾ドル
    • 日数:15日間
  • [30 Day Pass] 1000台湾ドル(1000台湾ドル = 約4,020円)
    • 無料通話分 430台湾ドル
    • 日数:30日間

今回新たに中華電信が4G LTEでデータ容量無制限プランを松山空港で提供したことによって、桃園国際空港以外でも購入が可能となったのが嬉しいところ。台湾大哥大の4G LTEプリペイドSIMカードと同じく音声通話にも対応しているので、台北市および新北市にて提供されている自転車レンタルサービス「YouBike」等の利用登録も可能になる他、国際電話なども利用できます。

f:id:monosqu:20150303231936j:plain

4G LTEプリペイドSIMカードを無制限で提供しているのは亞太電信、台湾大哥大に次いで3社目。

中華電信の4G LTEプリペイドSIMカードは市内でも購入可能ですが、データ容量無制限パッケージが提供されているのは松山空港のみ。

[追記: 中華電信スタッフに確認したところ、松山空港以外にも、桃園空港、台中空港、高雄空港でも無制限プランを提供しているとのこと。]

中華電信のネットワークはFDD-LTE 900(B8)/1800(B3)を利用しているため両方に対応している機種で利用すると快適なデータ通信サービスが利用できる。

その他、音声通話の料金などに関する詳細は中華電信のWebサイトに掲載されている。

中華電信

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です