7月1日より台湾への入国カードの記入がオンライン上で可能に:すべての空港・港で利用可

內政部移民署は、7月1日より台湾へ入国する際に必要となる「入国カード」をインターネット上で記入出来るシステムを導入すると発表しました。

f:id:monosqu:20150123124544j:plain

以下、中華民國內政部移民署による発表文

7月1日起上網填寫電子A卡,便利查驗通關

查驗通關更便利,移民署將於104年7月1日推行外籍旅客上網填寫入國登記表(Arrival Card,以下簡稱A卡)措施,簡化以往填寫紙本入國登記表及收繳手續,縮短入境通關時間。
近年各國移民機關逐步以網路填寫入國登記表方式取代傳統紙本,如美國取消填繳I-94入出境表格,移民署也計畫自下月起實施外籍旅客上網填寫入國登記表(實施對象如下方表格所示),符合申請資格者只要來臺前至移民署官網填寫來臺相關資訊,入國查驗通關時即不需再填繳紙本入國登記表,簡化入國查驗手續、節省通關時間,並響應全球化節能減碳。推動上述政策在於提供外籍人士更友善、便利的方式入境臺灣,但基於外籍人士使用上的方便及需求考量,適用對象仍可以選擇填繳紙本A卡入境。 

対象となるのは7月1日以降より台湾へ入国する外国人旅行者(居留証や外交官員証、居留ビザを除く)。エバー航空によると同システムは台湾内のすべての空港・港で利用できる。

7月以降も通常の紙の入国カードは従来通り使用可能としているので、利用はマストではないのでご安心を。

同システム登録後は、申請内容を印刷する必要がなく入国審査に並ぶことができる。自動出入国審査システム(e-Gate)とは異なり、あくまでも紙の入国カードに記入していた情報がオンラインで事前登録可能になっているだけなので、入国審査は通常通りの列に並ぶ必要がある。

f:id:monosqu:20150630190044p:plain

 

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です