【比較】今話題の音楽定額サービスを台湾発のKKBOXを中心に比べてみた

LINE MUSIC、AWA、Apple Musicと最近巷では定額音楽配信サービスが流行ってるみたいですが、既に台湾では2004年より先行して「KKBOX」というサービスが存在しています。当ブログは台湾系ブログということで今回はこの「KKBOX」を中心にApple Music、LINE MUSIC、AWA、そして将来的には日本でもサービスが開始されるであろうSpotifyも含めて比較したいと思います。 

月額料金

KKBOX 980円
Apple Music

個人プラン:980円

ファミリープラン:1,480円

LINE MUSIC プレミアムプラン:1,080円(学割:600円)
AWA

ライトプラン:360円

プレミアムプラン:1,080円

Spotify $10ドル(無料有り)

※LINE MUSICにはプレミアムプランの他、月20時間まで聴き放題となるベーシックプラン(通常500円、学割300円)もありますが、時間制限が設けられてある為表から除外しています。

価格に関して、Spotifyの “無料あり(広告付き)” を除き、ほとんどのサービスが1000円前後の価格帯です。その中でもAWAのライトプランは月額360円と低価格ですが、オンデマンド再生が不可だったりと一部機能に制限がありますが音楽定額サービスのメインでもあるストリーミング再生は全楽曲制限なく出来るので問題ないでしょう。

またApple Musicでは最大家族6人で共有できるファミリープランが月額1,480円で提供されているのが、他にはない料金プラン。

配信楽曲数

KKBOX 1000万曲以上(2015年1月時点)
Apple Music

数百万曲(公式サイトより)

LINE MUSIC

500万曲以上(2015年末予定)

AWA

500万曲(2015年末予定)

Spotify 3000万曲以上

価格と同じくらい重要であり、忘れてはいけないのが定額音楽配信サービスの醍醐味でもある「聴きたい時に目的の曲をいつでも聴ける」ということ。こうやって表でみてみるといかにSpotifyが幅広いアーティストに対応しているのかが分かる。ただSpotifyは国内には進出していないので、今のところ国内で最大の提供楽曲数はKKBOXで頭ひとつ分抜けている。ただし、配信楽曲数に対してどれだけ邦楽の配信楽曲が充実しているかはわからない為、契約する前に自前に無料トライアルを利用してどれだけ自分の聴きたい楽曲が配信されているか確認するのがベターだと思う。ちなみにC-POPに関して言えば間違いなく「KKBOX」の方が全体的に網羅している。

 

音質

KKBOX 128kbps/320kbps
Apple Music

自動判定:128or192kbps/256kbps

LINE MUSIC

64kbps/192kbps/320kbps

AWA

64kbps/96kbps/128kbps/320kbps

Spotify 96kbps/160kbps/320kbps

Apple Musicを除き、ほとんどのサービスが低音質〜高音質、複数の選択肢が選べるようになってるのですがApple Musicは320kbpsよりも低ビットレートな256kbpsでの配信。音質によって通信量にも差が出るので気になる人には気になりますよね。通信量に関しては「かみあぷ速報」さんが詳細な記事を書いてるのでそちらをご参照ください。

対応デバイス

KKBOX iOS/Android/Windows Phone/Windows/Mac
Apple Music

iOS/Apple TV/Windows/Mac(Android対応予定)

LINE MUSIC

iOS/Android(PC対応予定)

AWA

iOS/Android(タブレット+PC対応予定)

Spotify iOS/Android/Windows Phone/Windows/Mac/PlayStation etc

LINE MUSICとAWA以外のサービスはスマートフォンアプリの他、WindowsやMacアプリが配信されている。又、KKBOXとSpotifyは共に最近日本で発売になり話題にもなった「MADOSMA」のOSであるWindows Phoneにも対応している。

Apple Musicは今秋にAndroid版を、LINE MUSICは7月にPC版、AWAは未定ながら開発中とのこと。ちなみにAppleが自社アプリをAndroidに提供するのは史上初。

各サービスの特徴

KKBOX

  • アジア圏最大の配信楽曲数(C-POP、K-POPも)
  • 最大2000曲のローカル保存
  • 新曲が追加されるとプッシュ通知されるアーティストフォロー機能
  • 他のユーザーやアーティストとリアルタイムに同じ曲を聞きながらのチャット機能
  • ラジオの様に聴くことが出来る「ミュージックチャンネル」
  • Facebookとの連携

Apple Music

  • 購入・再生曲、Beats Musicエンジンよる楽曲リコメンド機能「For You」
  • 24時間365日のネットラジオ「Beats 1」
  • アーティストとファンを繋ぐ「Connect」

LINE MUSIC

  • LINEの友達が何を聞いているのか教えてくれる「フレンズチョイス」
  • LINEの友達間で楽曲を共有できる「シェア機能」
  • 音楽との出会いを提供する「プレイリスト」

AWA

  • 人気アーティストや音楽プロデューサー等によるプレイリスト
  • 独自開発のリコメンド機能

Spotify

  • 無料会員でも曲数に制限なく楽曲再生が可能、しかし広告が入る等の制限が
  • 音楽を聞くさまざまな場面に合わせて設計されたプレイリストを提供する「Browse」
  • 友達の聞いた曲がオススメとして紹介される
  • 聞いた曲がSpotifyやFacebook上でシェアできる

無料お試し期間

Spotifyを除き無料でフルサービスを利用できる、無料トライアル期間が設けられています。

KKBOX 普通に会員登録した場合1日、Facebookアカウントで登録をすると7日間
Apple Music

3ヶ月間

LINE MUSIC

8月9日までオープン記念により無料

AWA

3ヶ月間

Spotify なし(無料会員有り)

まとめ 

楽曲数ではKKBOX、学生ならLINE MUSIC、プレイリストを作成・共有するならAWA、Mac/iOSユーザーならApple Musicって感じですかね。正直Apple Music、LINE MUSIC、AWAはまだ始まったばかりのサービスというのも有り、どれが良くてどれが悪いかとかはわかりません。2016年までにはLINE MUSICは配信楽曲数を3000万曲まで増やすと予告する等、定額音楽配信サービスはこれから数年にかけて活況を呈するものと思われます。個人的には田村ゆかり姫が聴けるKKBOXをオススメします。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です