【レポート】小米公式ストアが台湾に進出、「台北小米之家」に行ってきた。

台風13号の影響により2015年8月7日に前倒し開業した「台北小米之家」に行ってきましたレポート。

※ この記事は筆者が台北小米之家に行った2015年8月10日時点の情報です。

台灣小米之家–在線預約服務

小米之家はXiaomiの新機種スマートフォンの体験・販売や、アフターサポートコーナー等を兼ね備えた、北京・小米科技のオフィシャルストアです。

台北小米之家は、MRT行天宮駅出口3番を出てすぐ左手にあるビルの2階に設置されています。台北小米之家の営業時間は午前11時〜午後7時。 開業してまだ3日目ということもあり、営業時間前にも関わらず行列ができていました。

f:id:monosqu:20150810115113j:plain
営業時間が始まる5分ほど前に小米之家から赤い小米ロゴがプリントされたTシャツを着たスタッフの方々が出てきて、ステッカーと在庫カードを配り始めました。

ステッカーと在庫カードは小米製品の購入を決めてる人達にのみ配布するもので、小米製品を買う以外の目的で来た人は列に並ばなずとも入店が可能。予め目的のモノを決めていて小米之家に来る方は「小米之家」ステッカーと在庫カードがないと購入不可。というのも台北小米之家はまだ開業したばかりということもあって在庫品薄の為、購入組には人数制限をかけており、しばらくは1日3回に分けて購入組を入店させる措置をとってるそうです。その為、小米之家で記念に何か小米製品のご購入を検討されている方は予め早めに列に並んだほうが良いと思います。購入組の入場整列時間は、11:30、15:30、17:30の1日計3回。
そろそろ営業時間が始まる頃です…小米之家は2階に位置する為階段で2階まで上がり、
…Xiaomi Mi 4iのでっかい看板が途中にあって…

小米ロゴのお出迎え。台北小米之家です。

f:id:monosqu:20150810134036j:plain

中はこんな感じ。

入ってすぐ目に入ってくるのはやはりXiaomi製スマートフォンやタブレットの展示コーナー。こちらは「Xiaomi Mi 4i」、価格は6,499台湾ドル(約25,000円)

続いて「Xiaomi RedMi 2」、価格は3299台湾ドル(約13,000円)

こちらは「Xiaomi Mi Note」、価格は12,499台湾ドル(約48,000円)。小米Noteは最近台湾に登場してきたということもありXiaomi製品の中では一番の品薄商品だそう。実際この日も沢山の方々が小米Noteを購入していきました。

そして「Xiaomi Mi Tablet」、価格は6,999台湾ドル(約27,000円)。Mi Tabletに表示されている画像はXiaomi製のウェブカメラ「小蟻智慧攝影機/Xiaomi Yi Web Camera」が写している映像が流れてきていました。台北小米之家には計4台のYi Cameraが設置されているみたい。

これが「小蟻智慧攝影機/Xiaomi Yi Web Camera」、価格は899台湾ドル(約3,500円)。台北市内の電気屋さんではこいつを監視カメラとして設置しているところも所々あって売れ行き好調みたい。

スマートフォン等の展示コーナーからちょっと離れたところには小米Noteとヘッドホンの体験コーナーが設けられていました。ほんのり漂う林檎臭。

また、小米之家に入ってすぐ左手には修理サービスコーナーがあります。修理サービスコーナーには大画面テレビが設置されていて修理完了までの残り時間が表示されています。これは便利。

修理コーナーのすぐ隣にはXiaomi製のアクセサリー類コーナーが。

 モバイルバッテリーやケーブル類などが大量に並べてられています。これらアクセサリー類等は在庫カードなしでも即購入が可能となっています。

お店の右側の一番奥にはテーブルと椅子が。小米之家では女性の姿がかなり多く、旦那さんは財布代わり一緒にショッピングを楽しむ旦那さん達の姿が…

レジには大量の小米色の紙袋。これら全部営業時間前に並んでた購入組(約30人分)の紙袋。

また、レジ横にはレーザープリンターを使った刻印サービスが行われていました。「小米手環/MiBand」とモバイルバッテリーが対象で、お値段は無料。

フォントは中国語と英語がそれぞれ用意されていました。

その他、小米之家ではマウスパッドなんかも売られていたり…。

無料コーヒーコーナーもありました。何か買ったわけでもないのに知らずに購入組の列に並んでいて40分以上も30度を超える屋外で並んでいたので、こういうドリンクコーナーがあって非常にありがたかったです。コーヒーメーカー内のタンクが水切れだった為、ボタンを押してもコーヒー出てきませんでしたけどね。

中国本土以外にある小米之家は香港に次いで台湾が2番目。台湾に進出してきた大陸勢ではOPPOやHuaweiに次いでちょっと出遅れた感じもありますが、台北小米之家を中心にどんな台湾向けのXiaomi製品が発表されるのかこれからが楽しみです。
 
台北小米之家
営業時間:11:00〜19:00まで
住所:台北市松江路273號2樓(MRT行天宮駅出口3番)

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です