台湾版Galaxy Note5とGalaxy S6 edge+はLTE Band 18とBand 41に対応

韓国・三星電子/Samsung Electronicsの台湾法人はこのほど公式サイトにて「Galaxy Note5 (SM-N9208)」と「Galaxy S6 edge+ (SM-G9287)」のLTE対応バンドを公開しました。

リンク:Samsung Galaxy Note 5 (32GB)

Samsung台湾の公式サイトに掲載されている情報によると、対応しているLTE周波数の詳細は以下。

f:id:monosqu:20150820183408p:plain

Gadget Drawerさんが作成している「日本におけるLTE Band早見表」によると日本国内ではNTTドコモがLTE Band 1/3/19/21/28、au(沖縄セルラー、UQを含む)が1/11/18/26/28/41、SoftBank(旧ワイモバイル、WCPを含む)が1/3/8/41でサービスを提供しています。

台湾国内においては、中華電信がLTE Band 3/8、台湾大哥大(亞太電信)と遠傳電信が共に3/28に対応、台湾之星がBand 8でサービスを提供しています。また台湾では年末までにFDD-LTE方式Band 7とTDD-LTE方式Band 38と41の周波数オークションが行われることが決定しており、Note5は長期に渡って戦えるデバイスと言えます。

f:id:monosqu:20150820202809j:image

Note5購入時に配布されたパンフレットには計10ものLTEバンドに対応すると書かれていたが・・・

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です