iPhone 6s/Plusの販売においてまたも台湾が「第一次販売国」から外れる

米国・Appleは、(台湾時間)2015年9月10日午前1時より発表会を開催し、新型スマートフォン「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を同時発表しました。

f:id:monosqu:20150910040906p:plain

iPhone 6s/6s Plusは3D Touchと呼ばれる感圧式タッチパネルや、LTE Advanced等を新たに対応したiPhoneシリーズの最新モデル。

f:id:monosqu:20150910041159p:plain

iPhone 6s/Plusのカラーバリエーションはスペースグレー、ゴールド、シルバー、ローズゴールドの4色。

一次販売国には日本を含んだ12の国と地域(豪州、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、日本、ニュージーランド、プエルトリコ、シンガポール、英国と米国)で9月25日より販売を開始するとしています。

f:id:monosqu:20150910041219p:plain f:id:monosqu:20150910041209p:plain

台湾メディアでは夏の初め辺りから、9月上旬にも信義區(台北101周辺)にApple Store直営店が進出するのではないかと見方が広がっておりそれに伴い台湾も次期iPhoneの第一次販売国に加入されるのではないかと期待されていました。しかし結果的に9月10日現在、発表会前にApple Store直営店が台湾に進出することもなくiPhoneが発表される結果となり、例年と変わらず台湾でiPhoneが入荷されるのは当分先のことになりそうです。

リンク:iPhone – Apple (台灣)

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です