台湾大哥大、語学留学生向け専用プリペイドSIMプランを空港で販売開始

台湾の通信事業者である台灣大哥大は、長期滞在予定の学生向けに最短5ヶ月から最長約1年まで使い放題になるプリペイドSIMカードプランを桃園空港で販売していることがわかりました。空港での学生専用プリペイドSIMカードプランの販売は、筆者が知る限り中華電信、遠傳電信に次いで3社目。台灣大哥大が学生向け専用プリペイドSIMカードプランを提供したことにより、台湾の大手3社すべてで学生プランの契約が可能となりました。

f:id:monosqu:20150911194104j:plain

台灣大哥大が学生向けに提供するプリペイドプランは以下。

プラン名 3G学生1号 3G学生2号 3G学生3号 3G学生4号
音声通話 1,000台湾ドル 1,450台湾ドル 2,000台湾ドル 2,900台湾ドル
データ容量 無制限 無制限 無制限 無制限
有効期間 150日間 180日間 300日間 360日間
料金 2,250台湾ドル 3,250台湾ドル 4,500台湾ドル 6,500台湾ドル

 台灣大哥大が提供する学生向けプリペイドプランは、有効期限が長い上に、期間中のインターネット接続が無制限と、スマートフォン等を使って常時インターネットに接続する人や、テザリングでパソコン等に接続する人にはうってつけと言えます。

通信容量には制限がありますが、どうしても4G LTEがいいという人は別に4G LTE対応プリペイドプランを契約するのがいいかもしれません。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です