台北市が提供している公衆無線LANサービス「TPE-Free」のエリアが9,000スポットに拡大。コンビニやデパートでも利用可能に。

無料公衆無線LANサービス「TPE-Free」を提供している台北市は10月10日よりこれまで6,000スポットで利用可能だった無線LANサービスを9,000スポットまでエリア拡大すると発表。10月10日からGoogle Play Storeより提供開始するスマートフォン向けアプリ「台北無線網路聯盟/Taipei WiFi Alliance」をダウンロードすることによって利用可能。iOSに関してはアプリがレビュー審査を通過次第利用可能になるとのこと。

f:id:monosqu:20151007122349p:plain

具体的な利用拡大エリアは大手コンビニチェーンの全家(FamilyMart)、デパートの新光三越や太平洋SOGO百貨、ショッピングモールのATT 4 FUNなど。

これまでは各公衆無線LAN毎に別々のアカウントの使い分けが必要でしたが、専用アプリをインストールすることによってTaipei Freeのアカウント一つで提携先の公衆無線LAN全てに接続することが可能になります。更に将来的には政府が提供している公衆無線LANサービス「iTaiwan」等とも提携を結び利用可能スポットを更に増やすとのことです。

TPE-Freeアカウントは、ネットで事前に登録が可能な為、台湾旅行に行く前に下のリンクから登録しておくと便利です。

リンク:Taipei Free 臺北公眾區免費無線上網

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です