【現地フォトレポ】台湾でのiPhone 6s / 6s Plus発売記念イベント

10月9日、台湾の5つの通信事業者及びApple Premium Resellerとして展開してるSTUDIO A等が「iPhone 6s」シリーズの販売を開始しました。STUDIO A及び燦坤3Cでは午前00時01分より発売イベントを行うとのことだったので、台北101のすぐ近くそばに店舗を置く「STUDIO A 台北Neo19旗艦門市」で行われたイベントの模様を紹介します。

f:id:monosqu:20151008225748j:plain

発売日当日、生憎の雨模様の中イベントが行われました。

f:id:monosqu:20151008232855j:plain

イベントが始まる前の2時間前に現地に到着。既に現地メディアの取材等で人が溢れていました。店舗内は黒いカーテンで閉ざされていました。

f:id:monosqu:20151008231349j:plain

雨が降ったり止んだりの天気でジメッとした中、STUDIO Aでは先着100名分の整理券を持つ人達に向けてアイスを振舞っていました。

f:id:monosqu:20151008231015j:plain

iPhone発売日当日の在庫状況

f:id:monosqu:20151008232134j:plain

夜11時を周ってスタッフ達が整理券を持つ人々に訂購單(注文伝票)を在庫確認しながら配り始めました。

f:id:monosqu:20151008234721j:plain

予約列の中には外国人の姿も。(現地メディアがひっきりなしに取材していました笑)

f:id:monosqu:20151008233216j:plain

STUDIO A前、全体図f:id:monosqu:20151009005301j:plain

開始3分前、黒いカーテンで隠されていた店舗内が公開。

f:id:monosqu:20151009005318j:plain

 iPhone 6s全台初公開。

iPhone発売イベントは無事00時01分からスタート。台北101周辺エリアは近くにナイトクラブが4軒あるため混雑が予想されていましたが、そこは毎年iPhone 4s時代からここで発売イベント等など行っているSTUDIO A、スムーズにお客さんを捌けていました。

日本のApple Storeでは例年、iPhoneの予約販売と平行して当日販売が行われていましたが今年からは当日販売が行われませんでした。二次販売国と毎年少し遅れてアップル製品が発売される台湾ですが、お祭り気分を味わいたいユーザーの皆さんはすぐ近くの台湾で行列に並んでみるのも良いかもしれません。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です