台北メトロ、年末年始は元日まで42時間休まず連続運転

台北市の公共機関を管轄する台北市政府交通局は31日、台北市政府庁舎前で開催される年越しイベントや、台北101カウントダウンなどに合わせ、新北投支線、小碧潭支線を除く台北メトロの全線で31日の始発午前6時から2日午前0時まで42時間連続で運行すると発表しました。

台北メトロは輸送力を強化するため増発や運転区間の延長を実施するとのことで、具体的に板南線では最短2分27秒間隔で、淡水信義線は最短3分間隔、松山新店線と中和新蘆線は約6〜8分間隔、文湖線は2〜3.5分間隔で運転します。また猫空ロープウェイも営業時間を延長して深夜2時まで運行される他市内を走る一部の路線バスなども運転時間が延長されます。

mrt-countdown

リンク:台北市政府交通局

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です