日本初、「Ponta」が訪日客向け共通ポイントサービスを提供 − 第1弾は台湾

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティマーケティングは、スマートフォンを活用した訪日客向けポイントサービスを日本で初めて提供を開始しました。

サービス第1弾として2015年12月17日より、台湾の共通ポイント事業者「東森整合行銷(以下、EIM)」と業務提携し、EIMが運営する台湾における共通ポイントサービス「得易Ponta」の会員向けにサービスを開始。「得易Ponta」の会員は訪日時に、スマートフォン向けの「得易Ponta」アプリで会員証バーコードを店頭提示するだけで、共通ポイントサービスの利用が可能となり、日本で貯めたポイントは帰国後に自国のポイントに自動移行され、自国内で使うことも可能です。

2015年12月時点で約180万人もの会員を有してる「得易Ponta」は、2015年12月17日時点で、「ローソン」「ローソンストア100」「ナチュラルローソン」「ルートインホテルズ」(※個人・直接予約のみ)「セガ エンタテインメント」(合計1万3,284店舗)でサービスが利用可能。

共通ポイントサービス「Ponta」は台湾以外にも、2015年2月にインドネシアにも進出しています。

リンク:日本初、スマートフォン活用による訪日客向け共通ポイントサービスを提供 ~180万会員を有する台湾「得易Ponta」から開始。Ponta提携の1万店舗以上で対応~

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です