世界初、話した言葉を一瞬で音声翻訳してくれるウェアラブル端末「ili」がCES 2016にて発表

株式会社ログバーは話した言葉を一瞬で音声翻訳をしてくれるウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」を米国・ラスベガスで開催しているCES 2016にて発表しました。

株式会社ログバーのプレスリリースは以下より。
CES 2016にて発表!世界初、ウェアラブル翻訳デバイス 「ili」(イリー)誕生!世界のコミュニケーションを変える。

iliは、世界初となるウェアラブル翻訳端末。スティック状の端末を手に取りボタンを押すだけで話した言葉を一瞬で翻訳してくれます。現在、日本語、中国語、英語の3ヶ国語に対応しており、将来的にフランス語、タイ語やスペイン語等にも対応される予定です。旅行中の外出時や人混みの中でも大音量でクリアなスピーカーを搭載・実現しています。個人的に特筆すべき点だと思ったのはインターネットの接続が不要なこと。いつでもどこでもスタンドアロン型で利用できます。

この手の商品は翻訳精度が気になるところですが、(動画の内容はさておき)ログバーが公開したプロモーションビデオを見る限りほぼリアルタイムに高精度な翻訳を実現しています。iliは旅行に特化した翻訳辞書を搭載しているので、今後旅行者の強い味方になってくれそうです。

公式サイトによると、iliは2016年夏から全世界で利用できると案内しています。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です