IT業界というと男性が働くイメージ大きいと思います。ただ、最近ではIT業界にも女性の数が増えてきました。

それに伴ってIT業界で働きたい、と考える女性も多くなっています。

ここでは業界について知っておきたいことを、いくつか紹介していきましょう。

IT業界と言えば、パソコンを前にしてプログラムをひたすらに打ち込んでいくというイメージを持つ人も多いです。

確かにエンジニアと呼ばれる職業は、それがメインの仕事になります。

しかしIT業界で必要とされるのは、エンジニアだけではありません。

現在この業界は深刻な人手不足とされています。

我々の暮らしに不可欠なものとなった今、業界の規模もどんどん拡大しているからです。

だからこそ女性が活躍しやすい環境を整えている企業も少なくありません。

IT業界と言えば男性の職場、理系しか就職できないというのは、今や古い認識となっています。

女性の社員数も増えていますし、理系文系を問わずに就職ができる業界だからです。

またエンジニアの数が不足しているのも事実ですが、他にも様々な職種がIT業界にはあります。

一般的な企業と同じように営業職は不可欠ですし、ディレクターやデザイナー、企画職というのもあります。

女性ならではの感性を活かしたデザイナーなどは、かなり増えているのが実情でしょう。

またIT業界は新しい業界だけに、従来の企業とは異なり多様な働き方を取り入れているケースが目立ちます。

フレックスタイムの導入はもちろんのこと、時短勤務や在宅勤務などが代表的でしょうか。

これは女性にとってかなり働きやすい環境だと言えます。

結婚や出産、育児などで時間がなかったとしても、在宅勤務であれば自分で時間を調整できるからです。

さらには自分のスキルがあれば、フリーランスとして働くこともできます。

このようにIT業界は多様な働き方が認められていますので、女性にとっても嬉しい職場だと言えるでしょう。

最後にキャリアを積みたいと考える女性にとっても、IT業界はおすすめだと言えます。

なぜなら男女の性別に関係なく、管理職にキャリアアップできる企業がほとんどだからです。

これはIT業界が人手不足であるのも一因だと言えるでしょう。

男性だから、女性だからといって選り好みをしている状況ではないため、実力や経験のある人はどんどんキャリアを積んでいくことができます。

IT業界で働きたい女性が知っておきたいことをまとめました。

イメージから女性には敬遠されがちな業界ですが、実は女性にとって嬉しい要素が揃っている企業が多いのも事実です。

特に働き方が多様化しているのは、出産や育児を考えている女性にとって大きなメリットでしょう。