台湾大哥大、4G向けプリペイドプランに30日型を追加 − 10GBまで高速通信可能

台湾の大手通信事業者である台湾大哥大(Taiwan Mobile)は、10GBまで高速通信できる新プラン「30日型」を4G向けプリペイドプランに追加しました。プラン料金はキャンペーン割り引き価格が適用され899台湾ドル(通常価格1,400台湾ドル)。

桃園空港等で提供されている空港プランとは異なります

台湾大哥大のプリペイドプランには、計量型(従量制)と計日型(時間制)の2種類があり、今回新プランが追加されたのは計日型。  これまで計日型には、24時間無制限で使える「1日型」しかなかったものの、今回「30日型」が加わったことにより全2プランになりました。

「30日型」は30日間10GBまで高速データ通信が可能で、10GB以降は下り5Mbpsまでデータ通信速度が低速化します。

台湾大哥大は先日Speedtest.netを運営するOokla社が発表した台湾における平均モバイル通信速度が速い通信事業者第1位に選ばれた業者です。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です