Apple、地図アプリの「Flyover」に台湾台中市を含む23の都市と地域を追加 − 台湾初対応

Appleは本日未明、マップアプリの「Flyover」の対応都市及び地域のリストを更新し、新たに23の都市及び地域を追加しました。

Screen Shot 2016-03-08 at 10.53.20 PM

OS X Mavericksの「マップ」で表示。台鉄台中駅付近

「Flyover」はMac OS XまたはiOS向けに提供されている「マップ」アプリから、都市を上空から撮影したような角度から建物・景観を立体的に表示してくれる機能。2012年のWWDCで発表され、iOS 6から同機能は搭載されていましたが対応しているのは世界の主要都市や観光名所(アメリカ、日本、ドイツ、イギリス等)に限られていました。

Screen Shot 2016-03-08 at 10.58.20 PM

台中市東海大学路思義教堂付近

Screen Shot 2016-03-08 at 11.00.04 PM

台中公園付近

Screen Shot 2016-03-08 at 11.01.48 PM

台中市政府庁舎付近

台湾台中市以外に、今回新たに対応が発表された都市と地域などはアップルのWebサイトで確認できます。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です