【2016年版】台湾の防空演習「萬安39號演習」スケジュール予定一覧及び注意事項

今月21日から4月21日までの間、台湾各地において空襲に備えることを目的とした防空演習「万安演習(まんあんえんしゅう)」が実施されます。演習は午後1時半から2時までの間におこわなれ、警報(サイレン)が鳴り響き、その後2回目のサイレンがまた鳴るまでは住民、車両に対する避難指示や交通規制が行われます。

105年度軍民聯合防空「萬安39號」演習宣導

演習地域内の企業などは通常通り営業していますが、窓を閉めること等、また、台湾鉄路や、MRT(地下鉄)、台湾高鐵(新幹線)、空港等も平常通り運行していますが、解除のサイレンが鳴るまで外へ出ることは出来ません。

避難命令違反者には「民防法」第21条の「空襲時の被害を減少させるため、国防部は関係機関の防空演習を実施し、退避避難及び交通、灯火、音響及びその他必要な管制を命令することができる」という規定に基づき、同法第25条の規定に従い3万元〜15万元以下(約100,000円〜約520,000円)の罰金が科せられるので、演習区間内では警察官/係員の指示に従うようにしてください。

演習中、高速道路を走行中のバスや車などを除いた一般車両も一時停止や交通規制の対象となることから、ツアー等によっては状況によりルートが変更される場合がもあります。該当日に旅行を検討又は予定の方は、予め注意が必要です。

■「萬安39號演習」(防空演習) 実施日時
・3月21日(月) 13:30~14:00
台湾中部: 苗栗県 台中市、南投県、彰化県、雲林県、嘉義市、嘉義県政府
・4月8日(月) 13:30~14:00
→澎湖地区:澎湖県
・4月13日(水) 13:30~14:00
金門地区: 金門県
・ 4月18日(月) 13:30~14:00
台湾北部: 宜蘭県、基隆市、新北市、台北市、桃園市、新竹市、新竹県政府
・ 4月21日(木) 13:30~14:00
台湾南部: 屏東県、台南市、高雄市政府

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です