Google、台湾の最高峰・玉山のストリートビューを公開

Googleは、台湾で最も標高が高い山「玉山(ぎょくさん)」のストリートビューを公開しました。玉山の標高は3,952mと台湾では最も標高が高く、日本統治時代には富士山よりも高かったことから「新高山」と名付けられていました。ストリートビューでは山頂から見える絶景が写真やVR画像で閲覧することができます。

今回のプロジェクトは、Googleが台湾に進出してから10週年を記念して行われたもので、Googleストリートビューのアジア太平洋地域責任者である魏薌君氏は「難易度は高かったがこうして無事に台湾の最高峰である玉山さんの画像が公開できて嬉しい」と語りました。撮影はバックパック型撮影機材「トレッカー」を利用し、昨年9月に2度入山して撮影したとのこと。ストリートビューは玉山の山頂の他にも、玉山の北方に位置する「玉山北峰」や山小屋「圓峰山屋」などの写真も同時に公開しました。

魏氏はストリートビューを通じて玉山についてもっと知ってもらい、また公開した写真等を使って玉山登頂に挑む際の下調べになればということです。

玉山の登山には登山道がよく整備されているため特別な登山技術などは不要ですが、安全面の観点から登山には「事前許可」が必要なためご注意ください。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です