iPhone SE (A1723)が台湾の認証機関を通過 − 対応事業者は中華電信、台湾大哥大、遠傳電信、台湾之星、亞太電信

Appleから発表された「iPhone SE」が、民国105年(西暦2016年)3月22日付けで、台湾の電気通信事業を管轄する国家通訊伝播委員会(NCC)の認証を通過しました。認証より判明した情報から、台湾市場向けに投入されるモデルは「Apple iPhone SE A1723」だということがわかります。

モデルA1723は2016年第2四半期より運用が開始される予定である、LTEの2600MHz帯(FDD-LTE B7 / TDD-LTE Band 38)にも対応、対応通信事業者として、台湾の通信事業者である中華電信、台湾大哥大、遠傳電信、台湾之星、亞太電信の5社全てで利用可能です。

Apple iPhone SE A1723の対応周波数一覧

  • GSM:850/900/1,800/1,900MHz
  • W-CDMA:850/900/1,700;2,100/1,900/2,100MHz
  • CDMA EV-DO Rev. A:800/1,700;2,100/1,900/2,100MHz
  • TD‑SCDMA:1,900(B39)/2,000(B34)
  • FDD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28
  • TDD-LTE:Band 38/39/40/41

iPhone SEは例年通りであれば、2016年4月中にも台湾で発売されるものと思われます。

iPhone SE、台湾では15,500元(約53,000円)から − 3月29日より予約受付開始

2016.03.22

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です