台湾向けGalaxy S6 edge+、ソフトウェア更新で3CC CAに対応 − Note 5は非対応

サムスン台湾は、「Galaxy S6 edge+ SM-G9287」のAndroid 6.0 Marshmallowへのバージョンアップを開始しました。S6 edge+独自の機能追加として、中華電信が提供している3CC CAサービス「大4G」に対応しました。これにより下りの最大通信速度が187.5Mbpsから337.5Mbpsに向上。今回の更新により、中華電信の「大4G」が利用できる機種が2機種から3機種に増えました(Galaxy S7 SM-G930FD / S7 edge SM-G925FD / S6 edge+ SM-G9287)。

また同日、「Galaxy Note 5 SM-N9208」にもソフトウェア更新サービスの提供を開始しましたが端末安定性の改善およびバグフィックスの更新だけに留まり、Android 6.0 Marshmallowへのバージョンアップは見送られました。

ちなみにサムスン台湾に、Galaxy Note 5の3CC CA対応への可否を問い合わせた所ハードウェアの仕様上の問題により非対応との回答を頂きました。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です