モジュールで機能拡張できる「LG G5」、台湾は4月1日より発売 − 3CC CAは非対応

LG電子は、LG G5 LG-H860 を台湾市場において4月1日より発売することを明らかにしました。販売価格は23,900台湾ドル(約83,000円)となっています。

「LG G5」はLG電子が2月に発表した新型のフラッグシップスマートフォン。今作から新たに本体下部を取り外し、モジュールを付け替えることによって機能を拡張できる史上初のモジュール型スマートフォン。

4月1日より、中華電信、台湾大哥大、遠傳電信、台湾之星の4つのキャリアや、台湾国内の家電量販店などから発売されます。

■ LG G5 LG-H860の主要スペック

LG G5 LG-H860
ディスプレイ 5.3インチ Quad HD (2560*1440)
CPU Qualcomm Snapdragon 820 2.1GHz (クアッドコア)
RAM 4GB
ROM 32GB
カラバリ ゴールド、シルバー、ブラック、ピンク
バッテリー容量 2,800mAh
USB USB Type-C

LG電子台湾法人の広報によると、台湾向けに発売されるLG G5は2CC CAには対応しているが、3CC CAには非対応とのことです。先日最大手の通信事業者である中華電信が3CC CAサービスを開始した台湾ですが、遠傳電信も第2四半期からの導入を表明しています。LG電子台湾法人は今後市場状況を見極めたうえで3CC CA対応端末を市場に投入するとしています。

LGのフラッグシップ機「LG G5」が3月24日(木)に台湾で発表 − TD-LTEにも対応

2016.03.18

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です