未経験の人がIT業界に入る時には、どんな礼儀を覚えておくといいのでしょうか。

どういう業界であっても、人間関係というのは大切なものです。

IT業界でもそれは同じであるため、覚えておいた方がいい礼儀について紹介していきましょう。

原則としてIT業界にだけ通じる礼儀というのはありません。

各会社によって慣習のようなものはあるかもしれませんが、それを事前に知っておく必要はないでしょう。

未経験であっても大切なのは、社会人として常識外れな行動を取らないということです。

特に挨拶はしっかりとしておくべきです。

挨拶はコミュニケーションの基本となるものですので、ハキハキとするように心がけてください。

もう1つポイントになるのは、服装や身だしなみといった部分です。

気をつけるべきは清潔感があるかどうかでしょう。

男性ならヒゲはきちんと剃って、服に汚れやしわがないかを確認しておきます。

IT業界は職種によって私服勤務であるケースも多いです。

その時に場違いな雰囲気にならないよう、面接の時に余裕があれば先輩社員の服装などもチェックしておきましょう。

会社によっては暗黙のルールがあるケースもあるため、私服勤務であるのなら服装の規定などを事前に聞いておくほうが無難です。

また初出社の時には遅刻をしてはいけません。

通常であれば業務が始まる10分前には用意をすませておきます。

そのため余裕をもって会社につけるよう出社すべきです。

ただIT業界はセキュリティ上の問題で、始業時間にならないと開錠されないなどのケースもあります。

そのため初めて出社をする前には、採用担当などに何時頃に出社すればいいですかと確認しておく方がいいでしょう。

IT業界では人手不足もあって、勤務初日からどんどん業務が回されることもあります。

そのため事前に準備をしておく方がいいでしょう。

他にも会社になじむためにも、入社をしたらなるべく早くその会社のカラーを掴んでおくのも大切です。

最初はできることが少ないかもしれませんが、常識外れな行動を取らなければ無碍にされることはありません。

分からないことや疑問があれば積極的に先輩社員に聞いていくことで、会社になじんでいくことができます。

礼儀とは少し異なるかもしれませんが、会社独自のカラーを知ることもまた未経験者がIT業界にとけこむためには必要なことでしょう。

IT業界に入る前に未経験の人が知っておきたい礼儀でした。

礼儀といっても堅苦しく考える必要がありません。

挨拶はハキハキとして、清潔感のある服装や身だしなみをすることを心がけておきましょう。

ただIT業界では独自のカラーを打ち出す企業も多いため、そうした雰囲気を早く掴むことも心がけてください。