遠傳電信、4G向けプリペイドプランに30日型を追加 − 10GBまで高速通信可能

台湾の大手通信事業者である「遠傳電信」(Far EasTone)は、10GBまで高速通信できる新プラン「30日型」を4G向けプリペイドプランに追加しました。プラン料金はキャンペーン割り引き価格が適用され899台湾ドル(通常価格は1,400台湾ドル)となっています。

桃園空港等で提供されている空港プランとは異なります

遠傳電信のプリペイドプランは今まで計量型(従量制)プランのみを提供していましたが、今回新たに計日型(時間制)を追加。1ヶ月近く台湾に滞在される予定の中長期滞在者の方に有り難い「30日型」を追加したことによって、通信量の心配をすることなく安心してパケットデータを流すことが出来ます。「30日型」プランは30日間10GBまで高速データ通信が可能で、10GB以降は下り5Mbpsまでデータ通信速度が低速化します。

遠傳電信はつい先日、FDD-LTE方式のLTEサービスの2600MHz帯(Band 7)のサービスを開始したばかり。Band 7はiPhoneを含む幅広い端末に対応している周波数帯でもあり、遠傳電信の2600MHz帯は連続した帯域幅を保有してるため下り最大通信速度150Mbpsで利用できます。

台湾大哥大、4G向けプリペイドプランに30日型を追加 − 10GBまで高速通信可能

2016.03.02

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です