台湾之星が2.6GHz帯でのLTEを4月14日より開始 − 2波CAで下り最大225Mbpsに高速化

台湾の通信事業者「台湾之星」は、2016年4月14日よりFDD方式のLTEサービスで2600MHz帯(Band 7)の利用を開始することを明らかにしました。これまで台湾之星はFDD方式のLTEサービスの900MHz帯(Band 8)で下り最大75Mbpsを提供しており、新たに2600MHz帯の利用が開始されれば2つの周波数帯をCAで束ねることにより下り最大225Mbpsへと高速化されます。同日、メディア向けに発表会が行われる予定。

1452578513_thumb.jpeg

台湾之星は台湾で唯一キャリアアグリゲーションを提供していない通信事業者で、取得している帯域幅も少なく兼ねてより利用者からの不満も少なくありませんでした(個人的にはよく頑張ってるとは思うけども)。今回、新たに取得した2600MHz帯を利用することで競合他社との差を挽回したい考え。また、発表会ではCAに対応した機種も公表される予定とのことです。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録