「イモトのWiFi」のエクスコムグローバル、台湾でのWi-Fiルータ事業から撤退

海外向けモバイルWi-Fiルータレンタルサービス「イモトのWiFi」等を提供している「エクスコムグローバル」は2016年4月29日(金)をもって台湾での事業から撤退することを発表しました。Screen Shot 2016-04-13 at 8.55.11 PM

エクスコムグローバル台湾支店はアメリカ現地法人に次ぐ、2番目の海外拠点として2011年7月に設立。台湾ではWi-Fiルータをレンタルしてからの帰国後、黑貓宅急便(クロネコヤマト)や7-11 超商から無料で返却できるなど消費者から一定の評価を得ていました。しかし、最近では台湾でも日本向けのプリペイドSIMカードが格安で販売されていたり、年間30万人がテレコムスクエアの提供するレンタルWi-Fiルータサービス「Wi-Ho!」を利用していることもあって事業の継続は難しかったようです。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録