台湾之星が2.6GHz帯のLTEサービスの提供を開始/2波CAで下り最大225Mbpsに高速化 − 対応機種は6機種

台湾の通信事業者「台湾之星」は、2016年4月14日よりFDD方式のLTEサービスで2600MHz帯(Band 7)の利用を開始したことを発表しました。それに伴い、2つの電波を組み合わせて下り最大225Mbpsとなる通信サービスの提供も開始しました。

Screen Shot 2016-04-15 at 12.38.24 AM

これまで台湾之星はFDD方式のLTEサービスの900MHz帯(Band 8)で下り最大75Mbpsを提供しており、今回新たに2600MHz帯と既存の900MHz帯の2つの周波数帯を束ねたキャリアグリゲーションを同社初導入。これにより、下り最大通信速度は225Mbps/上り最大40Mbpsへと高速化。

2016年4月14日現在、CA対応機種はSAMSUNG GALAXY S7 / S7 edge / S6 edge+、HTC 10、HTC One A9、LG G5の計6機種。

台湾之星はキャリアグリゲーションによるサービスを「4G+」として展開します。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録