Gogoro、台中市でのサービスを開始 − バッテリーシェアリングを広域化

台湾の新興バイクメーカーであるGogoroは17日、台湾台中市でのサービスを開始しました。Gogoroは、専用ステーションでバッテリーパックごと交換して即時充電を行うことで交換しながら走行する電動バイクで昨年夏より台湾台北市と新北市の両市でサービスが開始されました。

今回Gogoroが台中市でのサービスを始めたことによって、これで台中市を含んだ台北市、新北市、基隆市、桃園市、新竹県の6つの市と県でGogoroが利用できるようになりました。(2016年5月18日現在、バッテリー充電ステーション「GoStations」の数は建設中のも加えて193ヶ所)

台湾では自動車以上にスクーターの利用者が多いのが現状で、都市部では大量のスクーターによって生じる廃ガスなどが問題となっており、各市政府はGogoroと提携して、市内での充電ステーション設置をサポートする他、補助金を出すなどGogoroを全面的にバックアップしています。

■ 台中市におけるGoStations設置予定地一覧

  • Gogoro 台中三民門市(台中市北區三民路三段146號)
  • 車太炫台中南屯站(台中市南屯區永春東路1242號)
  • 7-ELEVEN逢喜門市站(台中市西屯區逢甲路247號)
  • 7-ELEVEN上誠門市站(台中市西區向上路一段381號)
  • 7-ELEVEN樹王門市(台中市大里區文心南路1252號)
  • 7-ELEVEN福田門市(台中市南區文心南路885號)
  • HiLife 台中干城店站(台中市中區400雙十路一段27-1號)

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です