約3年半ぶりにシャープが台湾でスマートフォンを発売へ=SOGI手機王

SOGI手機王は、情報筋によると台湾の鴻海精密工業の子会社となるシャープが2016年7月にも台湾市場向けにスマートフォンを販売する予定であると伝えています。

AQUOS ZETA SH-04

写真:AQUOS ZETA SH-04

記事によるとシャープは2016年7月中にスマートフォン2機種を発表する予定で、そのうち1機種は2016年夏モデルとしてNTTドコモ向けに発表した「AQUOS ZETA SH-04」と共通のモデルになると伝えています。また、2016年11月にはさらに2機種のスマートフォンを販売する予定で、2016年末までに少なくともスマートフォン4機種が台湾で販売されると報じています。

台湾でSHARPブランドを冠したスマートフォンは、2012年12月に発売された「SHARP AQUOS PHONE SH930W」を最後に途絶えており、今回AQUO ZETA等が販売されれば約3年半ぶりにSHARPブランドスマートフォンが台湾で発売されることになります。

SHARP FOXCONN

なお、当面はシャープが設計・開発を手掛けたスマートフォンを主に販売しますが、将来的には鴻海が開発したスマートフォンをシャープブランドで販売する可能性についても指摘されています。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です