「イモトのWiFi」のエクスコムグローバル、バーチャルSIM搭載の次世代海外Wi-Fiルーター「Keepgo」を発表 − 法人向け受渡返却不要

海外向けモバイルWi-Fiルータレンタルサービス「イモトのWiFi」を提供しているエクスコムグローバルは、世界160以上の国と地域(LTEは40ヶ国)で利用できるバーチャルSIM技術搭載のモバイルルーター「Keepgo」を2016年秋よりサービスを開始すると発表しました。販売価格は端末購入プランの場合、本体価格で23,800円(税別)に月額基本料金980円とデータプラン料金の加入が必要。

Keepgo1

Keepgoは、SIMカードの入れ替えを不要としないバーチャルSIM技術を搭載したモバイルWi-Fiルーター。北米、ヨーロッパ、アジアを幅広くカバーする13のLTEバンドに対応しており、また通信状況に合わせ、世界80以上のキャリアから最適なキャリア・バックアップ回線へ自動で切り替えを行うことが可能。本体にはSIMカードスロットがなく、全て専用クラウド管理画面にて、利用情報・請求情報を管理して利用します。

料金プランは、「端末購入プラン」と「レンタル利用プラン」の2つが用意されています。端末購入プランの場合、本体価格23,800円+月額基本料金980円、レンタル利用プランの場合、端末レンタル料金1,580円+月額基本料金980円を毎月支払う必要があります。これに加え、利用した地域ごとのデータプラン料金(680円〜1580円/日)が加算される仕組みとなっています。

Keepgo2

端末プラン

従来の海外Wi-Fiルータサービスでは、その都度端末の受け取りや返却の作業が発生していましたが、Keepgoでは月額基本料金がかかるものの、端末を常に手元に置いておけるというのが最大のメリット。2016年秋から法人向けサービスとしてスタートする予定で、いずれは個人向けサービスとしても展開予定とのことです。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です