IT業界への就職を考えた時に、気になるのが残業の多さでしょう。

特にIT業界と言えばブラック企業などの、イメージを持つ人も少なくありません。

しかし本当に残業が多いのでしょうか。

結論からお伝えしますと、一部では正解ですが概ね正しくありません。

そもそもIT業界と一口にいっても、その職種は様々です。

つまり残業が多い職種もあれば、反対に残業が少ない職種もあります。

ですのでIT業界だからと一括りで、残業が多いとしてしまうのは間違っているのです。

ただ全面的に間違っているわけでもなく、一部の職種では残業が多いと言ってもいいでしょう。

では残業の多い職種にはなにがあるのでしょうか。

最もよく言われるのが、システムエンジニアとプログラマーの2つの職種です。

システムエンジニアはクライアントから発注を受けたものの概要を作り、その概要に沿って実際にプログラムを作るのがプログラマーになります。

クライアントの仕様変更であったり、プログラムが正しく動かないことなど、残業になってしまう理由は多々あるでしょう。

ただし最近では、なるべく残業にならないよう、残業になったとしても短い時間ですむように、と配慮する企業も増えています。

反対に残業がほぼなく、定時で帰ることができる職種もあります。

その代表的なのはヘルプデスクと呼ばれる職種です。

自社が販売したものに対するトラブルの対処などをする部署のことなのですが、基本的には24時間稼働することが多いのです。

そのため三交代制などのシフト制になっているため、時間がくれば後任の人と交代をするため残業になることが、ほぼありません。

もう1つヘルプデスクと似た職種になるのが、ネットワークエンジニアでも保守業務を行うケースです。

近年では多くの企業がネットワークを利用したシステムを使っていることから、トラブルがあればすべての機能が停止してしまう恐れがあります。

そのためネットワークの保守をするエンジニアも、基本的には交代制で24時間稼働しているためです。

先にも軽く触れましたが、最近では政府の推奨する働き方改革などの影響もあってか、残業をなるべく減らす方向で動いている企業も増えてきました。

そのためIT業界がイコール残業の多い業界、ということでもなくなってきているのです。

職種的にSEやプログラマーの残業は減らしにくく未だに多い傾向にありますが、以前よりは減少傾向にあると考えてよいでしょう。

IT業界は残業が多いのかについてまとめました。

SEやプログラマーといった職種は仕事内容の性格上、どうしても残業が多くなりがちです。

しかし別の職種では残業がほぼないケースもありますので、IT業界全体で残業が多いということはありません。