COMPUTEX TAIPEI 2016:「ASUS ZenFone 3」と「ASUS ZenFone 3 Ultra」は4G LTEと3Gのデュアルスタンバイに対応

ASUSは、2016年5月30日(月)に新製品発表会「Zenvolution」を台湾台北市で開催。スマートフォンの最新モデルとして、ZenFone 3シリーズの「ZenFone 3」「ZenFone 3 Deluxe」「ZenFone Ultra」の3機種を発表しました。6月4日(土)まで開催されている「COMPUTEX TAIPEI 2016」にて、全3機種が展示されており、台湾の通信事業者としては唯一2G(GSM)サービスを停波している「台湾之星」のSIMカード2枚を「ZenFone 3」と「ZenFone 3 Ultra」の2機種に挿してデュアルSIM機能の挙動を検証しました。

結論から言うと、「ZenFone 3」と「ZenFone 3 Ultra」、両機種共に4Gと3Gのデュアルスタンバイに対応していることがわかりました。

ZenFone 3

ZenFone 3 + LTE Dual SIM Dual Standby

DSC06492

ZenFone 3 + T Star/T Star

DSC06493

SIM 1ステータス。Voice: 使用中 / Data: 使用中

SIM 2

SIM 2ステータス。Voice: 使用中 / Data: 休止中または使用不可

上記の画像を確認すると、ASUS ZenFone 3に台湾之星のSIMカードを2枚挿入されており、SIM1のステータスが4GでVoiceとDataが共に利用可能SIM2のステータスがUMTSでVoiceが使用可能になっていることがわかります。ほとんどのデュアルSIM対応機の場合プライマリのSIMカードでLTEまたは3G方式の各通信方式を利用すると、セカンダリのSIMカードはGSM方式のみとなりますが、今回ZenFone 3のSIM2ステータスがUMTSと表示されたことで4Gと3Gの同時待受ができるということが確認できました。

ASUS ZenFone 3 Ultra

ASUS ZenFone 3 Ultra

今回デュアルSIM機能を検証したASUS ZenFone 3は台湾/日本/香港向けバージョンで、4G LTE対応ネットワークはFDD-LTE Band: 1/2/3/5/7/8/18/19/26/28、TD-LTE: 38/39/40/41に対応しています。(検証したZenFone 3 Ultraはグローバル版)

ZenFone_3__ZE552KL____Phone___ASUS_Global

ZenFone 3 ZE552KLの4G LTE対応ネットワーク

今回、COMPUTEX TAIPEI 2016にて展示されていた展示機で確認する限り、ZenFone 3シリーズについても両方のSIMカードスロットが3G以上の同時待受可能な仕様となっていることがわかりました。もしこのままの仕様で日本で発売されれば、音声通話にはNTTドコモのSIMカードを利用し、データ通信についてはMVNOのSIMカードを利用するなどと言った使い方が出来ることになります。

ASUSブースの説明員によるとASUS ZenFone 3シリーズは2016年7月から8月中に台湾市場向けに発売予定とのことです。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です