台湾でXperia Xシリーズの詳細発表 − X Performanceは15日(水)より発売開始。販売価格は約3.2万円から。

Sony Mobile Communicationsは本日8日(水)、新製品発表会を開催し台湾向けに販売されるXperia Xシリーズの価格やスペックを発表しました。今回台湾市場向けに投入されるのは「Sony Xperia X F5121TW」「Sony Xperia XA F3115TW」「Sony Xperia X Performance F8132TW」の3機種。「Xperia X」と「Xperia XA」は発表後に即日販売を開始、「Xperia X Performance」は6月15日(水)より販売が開始されます。

Xperia X Seriesソニーの新シリーズとなるXperia XシリーズはXperia Zシリーズを置き換える新ブランド。最上位モデルの「Xperia X Performance」は、今回台湾市場向けに投入される機種で初めて3波CA(3CC CA)に対応。また、今回Xperia Xシリーズで唯一デュアルSIMスロットを搭載したX Performanceは、4G LTE+3Gのデュアルスタンバイに対応しています。

Xperia Xシリーズ共通の機能として、同社のデジタル一眼カメラαシリーズのエンジニアと共同開発した「Predictive Hybrid Autofocus」(先読みオートフォーカス)機能に加え、最大2日間のバッテリー持続時間を実現した米Qnovo社のバッテリー制御技術を導入。また、共通のデザインコンセプトとして、手に馴染むデザインが採用されており、ディスプレイサイズは全て5インチで統一されています。

Xperia X Performance Xperia X Xperia XA
ディスプレイ 5インチ Full HD (1080*1920) 5インチ Full HD (1080*1920) 5インチ HD (720*1080)
SoC Qualcomm Snapdragon 820 2.2GHz (クアッドコア) Qualcomm Snapdragon 650 1.8GHz+1.4GHz (ヘキサコア) MediaTek Helio P10 2.0GHz+1.0GHz (オクタコア)
メモリ 3GB RAM 3GB RAM 2GB RAM
ストレージ 64GB 32GB 16GB
カメラ リア:2300万画素
フロント:1300万画素
リア:2300万画素
フロント:1300万画素
リア:1300万画素
フロント:800万画素
バッテリー 2700mAh 2620mAh 2300mAh
サイズ 143.7 x 70.4 x 8.7mm 142.7 x 69.4 x 7.9mm 143.6 x 66.8 x 7.9mm
重量 165g 153g 134.7g
その他 ディアルSIM(4G LTE+3G対応) シングルSIM シングルSIM
価格 22,900台湾ドル(約76,000円) 16,900台湾ドル(約56,000円) 9,900台湾ドル(約32,000円)

今回の台湾で行われた新機種発表会では、MWC 2016で発表された「Xperiaスマートプロダクト」や6インチの「Xperia XA Ultra」の発表は見送られた模様です。

また、Sony Mobileは2016年6月9日(木)から2016年6月26日(日)までの期間、台湾全土にてXperia Xシリーズの体験会を開催することを特設サイトや新機種発表会で告知しています。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です