台北MRT、7月1日より交通系ICカード「一卡通」で乗車可能。高雄MRTとの双方で交通系ICカードが全面的に利用可能に

台北MRTと高雄MRTの2社は、2016年7月1日(金)より北部と南部でそれぞれ普及している交通系ICカード「悠遊卡」(EasyCard)と「一卡通」(iPass)の利用にそれぞれ対応すると発表しました。現在、高雄市でプレ開業中の高雄捷運環状軽軌(高雄LRT)に関しては引き続き一卡通にのみ対応するとしています。

台湾南部で普及している交通系ICカード「一卡通」が利用可能になる台北大衆捷運股有限公司社(台北MRT社)によるニュースリリースは以下より。

自7月1日開始,臺北捷運117個車站閘門及自動售票加值機,服務再升級,增加「多卡」使用功能。

配合交通部多卡通政策,臺北捷運車站全部閘門、自動售票加值機及相關設備,已於6月陸續完成更新及測試,7月1日起,使用「悠遊卡」及「一卡通」的旅客,可利用捷運車站內全部1,337座閘門感應進出站,並可於系統內464臺自動售票加值機,進行卡片加值;此外,閘門及加值感應區的貼紙,也全部更換為「IC CARD」字樣,更加醒目及容易辨識。

臺北捷運「多卡通」!7月1日起 車站閘門、自動售票加值機 升級多卡使用功能

台北MRT社のニュースリリースによると、6月までに台北MRT内に117ある改札口の自動改札機1337台と464台のチャージ機の改修を既に終わらせており、7月1日よりオレンジ色のIC Card Sensor Zoneと書かれたステッカーに交通系ICカードをタッチすることで決済が完了するとのことです。

また、高雄MRTにおいてもレッドラインとオレンジラインの全駅で悠遊カードとの相互利用が可能となります。

160630_TaipeiMRT

台北MRTに設置されている「一卡通」での決済に対応した改札機

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です