STUDIO A、訪日外国人向けプリペイドSIM「FREETEL Prepaid Data SIM for Japan」の取り扱いを開始

台湾のApple Premium Resellerの「STUDIO A」は7月1日より、訪日外国人向けプリペイドSIMカード「FREETEL Prepaid 2GB Data SIM for Japan」の取り扱いを開始すると発表しました。「FREETEL Prepaid Data SIM for Japan」は、日本のMVNO事業者であるFREETELが昨年12月より日本で発売したデータ専用プリペイドSIMカード。このプリペイドSIMの特徴はプリペイドデータ容量とは別に、訪日外国人が普段利用しているSNSアプリ(Facebook、WeChat、KAKAOTALK、LINE、WhatsApp)のデータ通信が使い放題となるという点。

STUDIO Aでは「FREETEL Prepaid 2GB Data SIM for Japan」以外にも「500MBリチャージクーポン」の取り扱いを発表しています。専用のリチャージクーポンを利用することで、通信量を使いきってしまった場合でもトップアップすることで買い足しすることが可能です。(通信量を使いきった後は利用期限まで150kbpsで利用可能)

FREETEL Prepaid 2GB Data SIM for Japan」の販売価格は699台湾ドル(約2,230円)、「500MBリチャージクーポン」の販売価格は298台湾ドル(約950円)。

160701_FREETEL_STUDIOA

FREETEL Prepaid 2GB Data SIM for Japan 概要

データ容量 2GB※2
利用期間 30日※1
販売価格 699台湾ドル
通信種類 Dataのみ (SMSなし、通話無し)
SIM種類 Micro、Nano
リチャージ 500MBリチャージクーポン:298台湾ドル
利用期間の延長 延長無し
無料通信 Facebook, Wechat, WhatApp, Kakaotalk, LINEのSNSアプリに対応
サービスエリア 日本全国で利用可能
同封物 ユーザーマニュアル、SIMピン

※1:初回通信開始日の翌日から7日間または30日間を利用可能期間とする。
※2:規定のデータ量を超えた場合、残期間中は150Kbpsで通信が可能です。この低速通信は無料通信のアプリにも適用されています。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です