中華民国内政部移民局、台湾の出国手続きが更にスピーディーになる自動化ゲート「外來人口快速查驗閘門」を高雄国際空港に設置 − 2018末までに主要空港や港に順次導入予定

台湾の外国人労働者や移民等を管理する中華民国内政部移民局は、台湾出国時に出国審査の手続きがスピーディーにできる外国人向け自動化ゲート『外來人口快速查驗閘門』を高雄国際空港に2台設置したと発表。自動化ゲート「外來人口快速查驗閘門」は、パスポートと指紋の照合により、自動的に出国審査を行うことができるシステム。内政部移民局が発表したニュースリリースによると2018年末までに国内の主要な空港や港にて順次導入を開始するとのこと。

160711_NIA_AutoDeparture

中華民国内政部移民局による自動化ゲート「外來人口快速查驗閘門」に関するニュースリリースは以下より。

中華民國內政部移民署全球資訊網 ─ 友善臺灣 外國人出境服務再升級

 外國人在臺出境,將可享受快速通關的便利!為提供來臺旅客更友善便捷的服務,內政部已於高雄國際機場完成2座出境專用「外來人口快速查驗閘門」,本(7)月起開始試營運,可大幅縮短外國旅客出境查驗時間。

外來人口快速查驗閘門の利用者登録は、満14歳以上の外国人、台湾の無戸籍者、華僑人(大陸、香港とマカオ住民含む)が対象となっており、入国審査場前に設置されている登録カウンターにて所定の手続き後利用可能になる。台湾では既に入国審査を通常の旅行客よりもスピーディに行える『快速査驗通關』(Speedy Immigration Inspection Certificate for Foreign Frequent Visitors)があるが、これは直近12ヶ月で3回台湾を訪問した者を対象に申請を行うことが出来るもので、それと比べて『外來人口快速查驗閘門』は訪問回数関係なく申請することが出来る。

入国審査場に自動化ゲートを設置される計画は今のところなく、入国時は今まで通り、快速査驗通關または通常の入国審査場の列に並ぶ必要がある。

内政部移民局によると「外來人口快速查驗閘門」は他空港や港でも外国人専用の自動化ゲートとして設置される予定で最短7〜10秒で出国審査を終えることができるとしている。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

2 件のコメント

  • 高雄空港にて実際登録してみようと試みましたがカウンターが閉まっていてダメでした。
    職員曰わく登録可能なのは7時~15時までだそうです。ご参考までに。

  • 8月13日に高雄から出国した際、通常レーンから係員に促され利用さました。
    事前の登録はなしで、パスポートも読取らず、指紋照合のみでした。
    常客証ももっていませんし、指紋の登録?も、入国時のみ。
    出国後に出国記録を印刷する機械を見つけたので、パスポートと指紋認証で、スタンプ代わりのシールが発行されました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です