ZenFone 3 / 3 Ultra / 3 Deluxeは全機種が4G+3Gのデュアルスタンバイに対応

昨日12日に行われた台湾ASUSのプレス向け発表会「Zenvolution」でZenFone 3シリーズの全機種 (ZenFone 3 / 3 Ultra / 3 Deluxe) が4G+3Gのデュアルスタンバイに対応していることがアナウンスされた。ZenFone 3シリーズのデュアルSIM仕様はいわゆるDSDS(Dual SIM Dual Standby)と言われるもので、2枚のSIMを挿入することで、1台の端末で個人用と会社用などの2つの電話番号の使用や、通話とデータ通信でSIMの使い分けが可能になる。ただ仕様として例えばSIM1の回線で4Gデータ通信中にSIM2の回線に3G通話での着信が来た場合、SIM1のデータ通信が停止してしまうので注意が必要。

DSDSに関して、実際に2016年7月12日より発売が開始された5.2インチのZenFone 3 (ZE520KL)を当日購入したshimajiro氏がテストしている。

昨日の「Zenvolution」は台湾・香港のメディア向け発表会だったということもあり、日本での発売時期や価格などは一切告知されなかったが、おそらくいくつかのモデルは日本国内向けにも発売されることが予想されるので、日本国内でのデュアルSIMを活用する幅が一気に広がりそう。

160713_ASUS_ZenFone3_4G+3G

ZenFone 3の主要スペックを紹介しているスライド。4G+3G雙卡雙待の文字が見える。

COMPUTEX TAIPEI 2016:「ASUS ZenFone 3」と「ASUS ZenFone 3 Ultra」は4G LTEと3Gのデュアルスタンバイに対応

2016.06.04

製品紹介ページ

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です