世界的に供給が間に合わないGalaxy Note7、台湾では在庫切れ・入荷未定が続出

【追記:2016年9月7日18:37】韓国を中心に相次いで発生している爆発事故を受けて、サムスン電子の台湾法人Samsung Electronics Taiwanは、Galaxy Note7の販売を停止、9月3日以前に購入した顧客に関しても無償交換を行うとアナウンスしています。

台湾でGalaxy Note7の爆発事故が初報告、端末の無償交換は9月中下旬から

2016.09.05

8月19日に発売が開始されたSamsung Electronics製スマートフォン「Galaxy Note7」は、台湾台北市では全カラバリが売り切れ、入荷待ちの状態となっています。今日(22日)一日、台北市中のSamsungショップの在庫状況を自分の足を使って調べたところ、ほぼ全ての店舗で予約がいっぱいの状況となっており、キャンセル待ちもあまりの需要の高さにほとんどの店舗で受け付け不可となっていました。

既にオランダ、マレーシア、南アフリカといった国々では、Galaxy Note7の発売を延期することを決めており、世界的に供給が不足していることがわかります。

20160822_GalaxyNote7_Samsung

Samsung Galaxy Note7

世界的にヒットする予兆が見えているGalaxy Note7は、台湾での事前予約では、先行販売分である2万台が約24時間で完売。今からいち早く確実に手に入れるには、台湾中のガジェットビルを足を使ってくまなく探すのもいいですが、家でのんびりクーラーの風に当たりながら海外通販サイトを使って購入・輸入するのがいちばんだと思われます。

2016年8月22日現在、Galaxy Note7を販売している海外通販サイトの在庫状況と価格は以下の通りとなっています。(購入費用の大概見積額はそうすけブログ.comより)

ETOREN(イートレン)

160822_ETOREN_Note7

在庫状況:ゴールドのみ、979米ドル(約98,500円)

現在入荷している在庫分はシンガポール向けのSIMフリーモデル。Samsung製のExynos 8890を搭載。日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約101,500円。

1ShopMobile.com

160822_1ShopMobile_Note7

在庫状況:ゴールドとシルバー、899米ドル(約90,000円)

1ShopMobileが入荷している在庫分は台湾向けのSIMフリーモデル。シンガポール向けと同じく、Samsung製のExynos 8890を搭載。日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約107,100円。

Expansys(エクスパンシス)

160822_Expansys_Note7

仮注文受付中、本体価格は未定

まだ仮注文受付中ということもあり、商品ページにはまだ詳細なモデル番号などの情報はなし。ETOREN、1ShopMobileとは異なり、SoCにQualcomm製のSnapdragon 820を採用したモデルを販売予定。


現在既に注文可能となっている通販サイトは主に上記の3つに限られており、定価より少し費用を出してでも、確実に手元に欲しい方は、購入元の候補として検討してみてはいかがでしょう。台湾台北市のSamsungショップの在庫状況などは引き続き、本ブログや筆者のTwitterでお届けする予定です。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です