FREETEL Prepaid SIM:SNSアプリの通信が無料になるフリーテルの訪日客向けプリペイドSIMを買って使ってみた

以前に紹介したFREETELが台湾で現地の事業者「STUDIO A」と「Dot 5」を販売代理店として発売している訪日外国人向けプリペイドのデータ通信専用SIMカード『FREETEL Prepaid Data SIM for Japan』を今回、お盆の時期に日本へ帰省した際に使ってみたので紹介します。

160824_FREETEL_PrepaidDataSIM

今回用意したのはFREETELのPrepaid 2GB Data SIM for Japan (nano)。このSIMの最大の特徴は、FacebookやWeChat、LINEなど、日本を訪れる訪日外国人の方が普段利用しているSNSアプリのデータ通信が使い放題になるというもの。日本では大手量販店等で定価2,780円(1GBタイプのものは1,780円)で販売されているSIMカードですが、台湾では円高の影響もあり699台湾ドル(約2,200)で購入が可能です。

160824_FREETEL_PrepaidDataNanoSIM

SIMカードのサイズは、microサイズとnanoサイズの2つが用意されていますが、2in1や3in1のものとは異なるので、事前に日本で利用するスマートフォンのSIMカードのサイズを確認したうえで購入しましょう(パッケージ開封後の返品交換、SIMカードの再発行は不可)。今回は日本でSamsung Galaxy Note 5とSony Xperia Z5 Compactで使うためにnanoSIMタイプのものを買いました。

160824_FREETEL_SIMPin

地味に嬉しかったのが、SIMカードと共にSIMピンが含まれていた点。もし仮にSIMピンを忘れて旅行に出ても、付属されているSIMピンが使えるので機内でもスマートフォンと購入したSIMカードのパッケージを用意するだけでSIMカードの交換を行うことが出来ます。

160824_FREETEL_PrepaidDataPackage

同梱品:SIMカード、SIMピン、ユーザーマニュアル

160824_FREETEL_PrepaidSIMAPN

APNは「freetel.link」、ユーザー名は「freetel@freetel.link」、パスワードは「freetel」、認証方式は「CHAP or PAP」と設定した後にそのほかの設定は不要でそのままデータ通信が可能になり、開通は完了します。

フリーテルの通信品質

DSC07773

FREETELはNTTドコモ利用回線を利用している格安SIMの中では、混雑時でも安定してWeb・動画閲覧が行えるMVNO事業者として定評があり、滞在中も特に遅いと感じることなく安心して利用することが出来ました。NTTドコモは、FDD-LTEをBand 1 / 3 / 19 / 21で展開しているため、特に東名阪エリアではBand 1と3に対応している端末であればほとんど問題はありませんが、地方ではBand 19でエリアを稼いでいるところが多く、この周波数帯に対応している端末でないと、地方では繋がりにくさを感じるかもしれません。

特に上り速度は安定した数値を出しており、TwitterやInstagramなどの写真投稿に関しては安定して快適に行える印象でした。

チャージ・残高確認・サポート

購入時から利用できる2GB分の通信量を使い切ってしまった場合、FREETELでは専用のリチャージクーポンを冒頭でも紹介した台湾での販売代理店である「STUDIO A」で取り扱っているので、気軽に買い足しが可能となっています。(通信量を使い切ったあとは期日までは150kbpsで利用可能)

残高・有効期限確認はFREETELが用意している専用ページから確認が可能。ログインの際、プリペイドSIMカードに記載されている「電話番号」と「SIM製造番号」が必要となります。ログイン後、ステータス確認画面が表示され、「契約終了日」や「残りデータ通信量」が確認可能。また、リチャージ画面ではリチャージクーポンによる追加チャージの他、クレジットカード決済やAliPayによるオンラインチャージにも対応していました。

サポートに関しては、FREETELでは電話によるカスタマーサポートの他、公式サイトにてチャット受付によるサポートを行っています。


2GBと余裕のあるプリペイド容量で、さらにFacebookやLINEなどの無料通信に対応しているFREETEL Prepaid SIMは日本に渡航する際は非常に便利なSIMカードとなっています。日本へ一時帰国する方や、行く予定がある方は是非持って起きたい一枚です。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です