iPhone 7とiPhone 7 Plusは台湾の中華電信と遠傳電信の3CC CAに対応、下り最大375Mbpsで利用可能

台湾の通信事業者「中華電信」(Chunghwa Telecom)と「遠傳電信」(Far EasTone Telecommunications)は、Appleから発表された最新スマートフォン『iPhone 7』と『iPhone 7 Plus』の2機種について2016年9月16日(金)に発売すると発表しました。またこれら2機種について、中華電信と遠傳電信は、両社が提供する3波を束ねるキャリアアグリゲーション(3CC CA)に対応していることを重ねて発表しています。

160909_AppleiPhone7

3CC CAに対応したことにより、中華電信が提供する「大4G」と遠傳電信が提供する「遠傳4.5G」によって、下り最大375Mbpsで通信が可能になりました。

中華電信の3CC CAの組み合わせは3CC CAはCA_3A-7A-8Aとなっており、通信速度は下り最大337.5Mbps。遠傳電信の3CC CAの組み合わせはCA_3A-7A-28Aとなっており、通信速度は下り最大375Mbps。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です