Amazon.co.jp、海外配送の対象地域に新たに「台湾」を追加 − 送料520円から・中国語表示も可能に

Amazon.co.jpは、販売している商品を特定の国や地域に向けて配送する「AmazonGlobal 海外配送」の配送可能地域に、『台湾』を追加しました。AmazonGlobal 海外配送は、AmazonGlobalが通関手続きを代行する代わりに通関でかかる輸入税、関税、その他手数料の見積額(輸入税等前払金)を算出し注文確定時に支払うことで、Amazon.co.jpの商品を海外へ配送する海外販売サービス。2016年10月1日現在、台湾をお届け先住所に指定した際に必要となる「配送料・手数料」は1件につき税込520円からとなっています。

なお、実際にAmazon.co.jpにて購入する際、全ての商品が海外への配送が可能とは限らないため、希望の商品が海外配送の対象かどうかは出品者一覧ページもしくは出品商品の一覧ページで確認する必要があります。また特別取扱商品の書籍や、風俗や宗教関連の本、または日本国内で生産された映像商品(DVD、ビデオ)等についても、配送先の税関の判断で通関手続きが通らない場合があるので注意が必要です。

当然のことながら、Amazon.co.jpにて購入した家電などに関しては、日本仕様の商品となっているため、保証などは日本国内のみで有効だったり、電圧の異なる地域では変圧器・変換プラグなどは同梱されないため、事前に自分で用意する必要があります。

161001_AmazonGlobal_Oversea

注文確定時に「配送料・手数料」を商品と一緒に支払う仕組み

また、Amazon.co.jpでは海外配送地域の拡大に伴い、サイト言語の一覧に「簡体中文」を追加。日本語や英語が読めない華僑の方でも、AmazonGlobal 海外配送を利用して日本の商品を取り寄せる事が出来るようになりました。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です