サムスン電子、全世界でGalaxy Note7の販売・交換プログラムの受付を停止 ー 利用者に使用中止を要請

サムスン電子は、Samsung製スマートフォン「Galaxy Note7」を取り扱っている全ての販売パートナーに対して販売停止を要請したことを発表しました。また、交換前や交換済みに関わらず、現在Galaxy Note7を利用しているユーザーに対しても端末の電源をオフにすることを要請しています。

20160822_GalaxyNote7_Samsung

今回のサムスン電子の一連の対応は、リコールにより交換された安全対策済み品が米国や台湾などで発火事故が相次いで発生したことを受けて要請されたもので、あくまでも「事故が発生した理由・調査が行われている間」としています。

Samsung will ask all global partners to stop sales and exchanges of Galaxy Note7 while further investigation takes place 

We are working with relevant regulatory bodies to investigate the recently reported cases involving the Galaxy Note7. Because consumers’ safety remains our top priority, Samsung will ask all carrier and retail partners globally to stop sales and exchanges of the Galaxy Note7 while the investigation is taking place.(Samsung Global Newsroom

爆発の危険性があるため、台湾では2016年9月3日以前にGalaxy Note7を購入した顧客に対して、無条件で交換・返金対応を行っていました。しかし、今回グローバルで交換プログラムの受付を停止したとの要請を受けて、台湾法人でも同プログラムが停止となる可能性が高く、2016年10月末までとしていた返金対応が延長される可能性が出てきました。

台湾サムスン、Galaxy Note7の返金対応終了を案内。10月31日まで

2016.10.10

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です