サムスン台湾、Galaxy Note7の交換プログラム停止を発表 ー 近日中に安全対策済み品の返金受付を開始

サムスン電子が全世界向けにGalaxy Note7の販売・交換プログラム・ユーザー向けに利用の停止を要請したことを受けて、サムスン電子の台湾法人のSamsung Electronics Taiwanは、Samsung製スマートフォン「Galaxy Note7」の交換プログラムを停止することを発表しました。

サムスン台湾は、新たな措置としてGalaxy Note7の安全対策済み品の返金受付を開始(開始日時未定)する他、他機種への乗り換えキャンペーンプランを新たに案内するとしています。

これにより、台湾でGalaxy Note7は、2016年10月末までとされていた新旧Galaxy Note7の返金・返品対応受付が延長されることになります。

今回の一連の対応は、サムスン電子がグローバル向けにアナウンスした声明に基づいて行われたもので、サムスン台湾ではFacebookページや公式サイトにて全てのGalaxy Note7ユーザに対して端末の電源をオフにして利用中止することを求めています。

サムスン電子、全世界でGalaxy Note7の販売・交換プログラムの受付を停止 ー 利用者に使用中止を要請

2016.10.11

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です