Pontaが台湾でもたまる、つかえる!スマートフォンを活用した日本初のサービスが台湾から提供開始

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティマーケティング(以下、LM)は、海外でも共通ポイントがたまる・つかえる、スマートフォンを活用した日本初のサービスを、2016年11月1日(火)より台湾から開始しました。

161109_Ponta_Taiwan

株式会社ロイヤルマーケティングのプレスリリースは以下より。

海外でも共通ポイントがたまる、つかえる! スマートフォンを活用した日本初のサービス、台湾から提供開始

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、海外でも共通ポイントがたまる・つかえる、スマートフォンを活用した日本初のサービスの提供を、2016年11月1日(火)より台湾から開始します。

LMが2016年11月1日から提供を開始した『海外でも共通ポイントがたまる・つかえる』は、LM提供のスマートフォンアプリ「Pontaカード(公式)」に新たに追加。訪台時に、台湾の「得易Ponta」の対象提携店舗にて二次元バーコードを提示することで、ポイントをためる・つかうことが可能になり、台湾でためたポイントは帰国後に日本のPontaポイントに自動移行され、Ponta提携店舗で使うことが可能となっています。

2016年11月8日現在、台湾の得易Pontaの対象提携店舗は10サービス。『海外でも共通ポイントがたまる・つかえる』サービスの開始を記念して、LMでは本サービス利用者向けにポイントがたまるキャンペーンを「鼎泰豐」と11月1日より実施しています。


「海外でも共通ポイントがたまる・つかえる」サービス概要

  • サービス開始時期:2016年11月1日(火)
  • ポイント加算:購入10元につき3ポイント
  • ポイント利用:25ポイント1元として利用
  • 対象提携店舗(台湾):「Hi-Life」「OK-Mart」(コンビニエンスストア)、度小月(飲食店)など9サービスから順次開始
    http://pntc.ponta.jp/r/taiwan/
  • キャンペーンパートナー:「鼎泰豐」(飲食店)https://goo.gl/zEMrjB
161108_Ponta_Kaigai

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です