Uber、フードデリバリーサービス「UberEATS」を台湾・台北市で開始 ー 最短10分ほどで配達

世界各地でハイヤーやタクシーの配車サービスを展開する「Uber」(ウーバー)は、フードデリバリーサービス『UberEATS』の提供を台湾・台北市の一部地域で開始することを発表しました。注文の受付は11月15日(火)午前11時から。

161115_UberTaiwan_UberEATS

専用アプリから様々な料理を100以上のレストランから注文

UberEATSは、東京、サンフランシスコやロンドンをはじめとした世界52都市で提供されているフードデリバリーサービス。ユーザーは注文をスマホアプリやウェブサイトで届け先を指定し、提携飲食店が提供する料理を選んで注文することで、提携する配達員ドライバーが料理を届けてくれるというサービス。注文から到着までの所用時間は平均で35分程度とのことです。

サービス開始時には100店舗以上のレストランがパートナーとなっていて、数百種類のメニューから注文することが可能となっています。代表的な店舗としては茹絲葵牛排、新都里懷石料理、M One Cafe、Le Blanc、鼎王麻辣鍋などが並んでいます。

161112_UberEATS_Taiwan

UberEATS 配達対応エリア

Uber Taiwanでは、UberEATS開始を記念して初回と2回目の利用が150台湾ドル分割安となるクーポンを公開中です。

EATSTAIPEI

東京とは異なり台北でUberEATSの注文受付時間は、午前11時から午後10時までとなっていて残念ながら夜食の配送は行ってくれません。また、配達料に関しても上記のクーポンコードを利用した場合、1回目・2回目の代金は無料となりますが、通常は料理代+70台湾ドルかかります。

Uberと同様に事前に登録したクレジットカードで自動的に支払いが終わるため、ユーザーは現金のやりとりは必要なく、配達員から料理を受け取るだけ。

サービス開始初日で6件検挙されたUberEATS

UberEATS、台湾配信初日は「違法」で6件検挙 ー 無許可の配車業務を問題視

2016.11.16

営業許可の持たない自家用車やスクーターを募って、ビジネスモデルが問題視されているUber。台湾でフードデリバリーサービスは、foodpandaが台頭していますが、foodpandaもUberEATSと同様に台湾では違法であると公言されています。

Uberが今後台湾に根強くかどうかは、台湾政府の手に委ねられています。

以下のプロモコードをご使用いただけると、初回に限り100台湾ドルオフクーポンが手に入ります。まだ台湾・台北市でUberEATSを体験したことのない方は是非お試し下さい。

eats-koh1

SPONSORED LINK

161115_UberTaiwan_UberEATS

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です