前後に1600万画素カメラを搭載した「OPPO R9s」が台湾で発表。12月16日より発売開始

Guangdon OPPO Mobile Telecommunications (広東欧珀移動通信)は、12月7日(水)に台湾・台北市で新製品発表会を開催。台湾向けにSIMフリースマートフォン「OPPO R9s」を発表しました。12月16日(金)より発売開始、価格は14,900台湾ドル(約53,000円)となっています。

161207_OPPOTaiwan_R9s

OPPO R9sは、高級感ある薄さ6.58mmボディに、CPUにSnapdragon 625を採用・RAMが4GB・ストレージが64GBとなっており、スペック的に非常にバランスが取れた機種。また、フロント・リア共に1600万画素カメラを搭載しておりセルフィーも特化しているのが特徴。カラーバリエーションは金色と玫瑰金色の2色展開。

4G+3Gの同時待受・DSDS(Dual SIM Dual Standby)にも対応しており、片方のSIMスロットにMNO、もう片方のSIMスロットでMVNOを組み合わせての利用も可能となっています。

SPONSORED LINK

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です