小米台湾、高雄市に「高雄小米專賣店」を12月24日にオープン

中国・小米科技 (Xiaomi Technology)の台湾法人Xiaomi Taiwanは、台湾・南部エリア初となる小米製品を専門に扱うオフィシャルライセンスストア『高雄小米專賣店』の営業を2016年12月24日(土)より開始することを発表。所在地は高雄国際空港からほど近い、「高雄大魯閣草衙道購物中心 (Taroko Park)」の2階に入居しています。

161222_XiaomiTaiwan_Kaohsiung

高雄小米專賣店は、小米が台湾・鴻邁科技 (Home Master Technologies)に運営を委託したXiaomi製品の専売店。スマートフォンの販売、体験、イベントの開催などを手掛けます(修理やアフターサポートは別店舗にて受付)。

また、本店舗では広さ約45坪の空間に、白と木目を基調とした「小米之家 3.0」の空間デザインを採用。店舗スタッフも台湾・台北市にある小米台湾の直営店「台北小米之家」で約1カ月間の研修を受講しており、直営店とほぼ変わらない接客スタイルになります。

高雄小米專賣店では、基本的に展示機のラインナップは直営店と変わらないものの台湾未発表の「小米電視 3s (Xiaomi Mi TV 3S)」 や「九號平衡車 (Ninebot mini)」が展示されてるなど専売店ならではの製品が展示されています。

【レポート】小米公式ストアが台湾に進出、「台北小米之家」に行ってきた。

2015.08.12

余談ですが、鴻邁科技 (Home Master Technologies)は、台湾でサムスン電子製品を取り扱う代理店を展開していることで有名です。

SPONSORED LINK

161222_XiaomiTaiwan_Kaohsiung

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です