【レポート】モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング 福岡会場より「HUAWEI P9」を紹介

この記事は【レポート】モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング 福岡会場に参加してきましたの続編になります。ここではファンミーティングで紹介されたHUAWEI P9の主要な特徴や実機写真などを紹介します。

P9の紹介

161223_huaweievent_fukuokap9_2

HUAWEI P9は、老舗カメラメーカーであるドイツ・Leica Cameraが監修した世界初のライカダブルカメラスマートフォン。P9のために特別に設計されたオリジナルのダブルレンズを搭載していることにより、ライカ基準の画質準拠していることによりファーウェイ独自の画像処理アルゴリズムを実現。

161223_huaweievent_fukuokap9_3

1200万画素モノクロセンサー+RGBセンサーを2つ組み合わせたことで、300%より多くの光を取り込む事が可能になっています。

161223_huaweievent_fukuokap9_4

最新のiPhone 7 Plusと比べてもP9はより明るく鮮明に撮影することが出来ます。

161223_huaweievent_fukuokap9_5

最先端の画像処理技術によりシャッターを最長1秒で切ることが可能に。

161223_huaweievent_fukuokap9_6

優れた撮影機能の一つとしてハイブリッドフォーカスシステム(レーザーオートフォーカス+Depth(深度)フォーカス+コントラストフォーカス)を紹介。これにより1.2秒以下のフォーカス速度を実現しています。

161223_huaweievent_fukuokap9_7

またスマートフィルムモードを使用することで「標準」設定で実物に近い色に、「鮮明」設定はビビッドな色で躍動感を演出、「ソフト」設定は色合いをバランスし落ち着いた感じで撮影できるようになっています。

161223_huaweievent_fukuokap9_8

モノクロ撮影や低照明撮影性能も優れた撮影機能の数々のうちの一つ。特にモノクロ撮影についてはかなり注力されているように感じました。

161223_huaweievent_fukuokap9_9

ダブルカメラならではの機能として「ワイドアパーチャ撮影」が取り上げられました。最大F値0.95相当のデジタル絞り効果を実現したことで、誰でも簡単に一眼レフカメラで撮影したようなボケ味を出すことが可能に。リアルタイムでボケ味が確認できるのはもちろん、撮影後でもぼかしの調整が可能です。

161223_huaweievent_fukuokap9_10

P9の外観を紹介。最小主義の大胆なデザインとして、コンパクトなフォルムと流線形のエレガントなルックス、HUAWEI Pシリーズ特有のスタイリッシュでモダンなメタルユニボディを採用。サンドブラスト処理により洗練された、高級感のあるものに出来上がっています。エッジ部分の美しいダブルダイアモンドカットもポイント。

161223_huaweievent_fukuokap9_11

ディスプレイにハリウッドのシネマ規格の色彩に完全対応しており、色彩の広いFullディスプレイとなっています。

161223_huaweievent_fukuokap9_12

通信面にもこだわりを見せており、(日本国内では)最大下り速度262.5MbpsのLTE-Advanced高速通信に対応、バーチャルトリプルアンテナによる自動切り替え機能のSignal +、無線LANのアクセスポイントの優先度をランキングするスマートWiFiランキングといった機能を紹介していました。

161223_huaweievent_fukuokap9_13

指紋認証とセキュリティーに関しては背面に搭載した指紋認証システムによる、第4世代の最高レベルのセキュリティーを実現したとしています。個人的に端末を紛失した場合の情報漏洩を防止するSDカードロックにグッときました。

フォトレポート

161223_huaweievent_fukuokap9_14

フォトレポートは、今回の為に急遽用意したHUAWEI P9 Rose Gold EVA-L19の実機写真と一緒にご覧下さい。

161223_huaweievent_fukuokap9_15

P9は、接続端子にUSB-Type Cを採用。現在使われているUSB micro-Bと同程度のコンパクトでスリムな形状に加え、裏表どちらでも挿せるリバーシブル仕様を特徴としています。

161223_huaweievent_fukuokap9_16

側面は高級感のある金属製フレームで構成されています。

161223_huaweievent_fukuokap9_17

背面のカメラ部分も突起がない、完全フラットなデザインを採用しています。

161223_HUAWEIEvent_FukuokaP9

タッチアンドトライの時間の都合により、比較写真は多く撮ることができませんでしたが、P9のデザインの高級感や完成度の高さを感じることが出来ました。P9のRose Goldに関してはまた別記事にてフォトレビューをしようと思っているので、ご期待下さい。

SPONSORED LINK

161223_huaweievent_fukuokap9_1

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です