サムスン電子のシンガポール法人、Galaxy Note7向けに充電不可となるソフトウェア更新を12月28日に配信

韓国・サムスン電子のシンガポール法人Samsung Asiaは、シンガポール向けに発売されたフラッグシップスマートフォン「Samsung Galaxy Note7」に関して2016年12月28日(水)に充電が不可能となるソフトウェア更新を配信すると発表しました。

Samsung Electronics TaiwanによればシンガポールでのGalaxy Note7の回収率は95%に達しており、充電機能を無効化することで、残り5%の個体についても回収したい狙いがあると考えられます。

“As customer safety remains our utmost priority, Samsung Electronics Singapore will be implementing a software update on 28 December 2016, which will restrict all Galaxy Note7’s battery charge to zero percent. Galaxy Note7 customers who have yet to participate in the exchange/refund programme are urged to back up their data in the Galaxy Note7 immediately and power down their device. They are invited to call 1800-SAMSUNG (7267864) to arrange for an exchange or a refund. More than 95 percent of Galaxy Note7 customers in Singapore have since completed their exchange/refund. Samsung is thankful for the support from customers and is deeply sorry for the inconvenience caused.”

Samsung Galaxy Note7は、2016年10月11日、1回目のリコールにより交換された安全対策済み品が米国や台湾などで発火事故が相次いで発生したことを受けて全世界向けのGalaxy Note7に関して2回目のリコールを発表。同時に同機種の生産と販売の停止を発表しました。

サムスン電子、全世界でGalaxy Note7の販売・交換プログラムの受付を停止 ー 利用者に使用中止を要請

2016.10.11

Samsung Electronics Singapore 

SPONSORED LINK

20160822_GalaxyNote7_Samsung

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です