中国聯通(香港)、香港・大陸デュアルナンバー利用者向けにオンライン実名登録受付を開始

中国聯通(香港) (China Unicom (Hong Kong))が、ポストペイド及びプリペイドSIMカード利用者向けに昨年12月より実施している実名登録を含む個人情報登録に関してインターネット上からも受付可能となりました。これにより、これまで香港の実店舗でのみ実名登録を受け付けていたのが、ネット上からも直接申請可能となりました。

中国聯通香港、香港・大陸デュアルナンバー利用者向けに実名登録受付を開始

2016.12.15

中国聯通(香港)は公式サイトにて特設サイト(中国語繁体字)を公開。大陸・香港のダブルナンバーに対応しているプリペイドSIMカード「中国遊」「跨境王」「跨境王加強版」を利用しているユーザーは特設サイトから直接実名登録申請が行えます。

実名登録は、中国公安部の方針により携帯電話契約の実名登録が厳格化され、2016年10月31日以降より登録が必須となったもの。中国移動香港や中国聯通(香港)のダブルナンバーSIMを利用しているユーザーは、2017年8月末までに実名登録をしなければ自動的に利用停止になるとされています。

170222_ChinaUnicom_CrossBorderKing

中国聯通(香港)のプリペイドSIMカード「跨境王加強版」

中国聯通(香港):実名登録方法

170323_ChinaUnicom_Realname

中国移動香港の個人情報登録ページは「英語と中国語繁体字」の2言語表示に対応しているため必要ないとは思いますが、基本的な登録方法をご紹介します。

▼ 中国聯通(香港)のWebサイトにアクセス → 「揀儲值卡實名制」下のオレンジ色のバナーをクリック

170323_ChinaUnicom_Apply

▼ 香港及び中国大陸の携帯番号を入力 →  「確認並獲取手機驗證嗎」をクリックしてSMS認証番号を取得 → SMS認証番号を入力→「提交」をクリック

170323_ChinaUnicom_Form

▼ 姓名・パスポート番号・香港の携帯番号・中国大陸の携帯番号を入力。「證件類型」の欄では外國公民護照を選択、「簽發國家」の欄ではパスポート発行国を選択 (日本国旅券の場合は日本)

170323_ChinaUnicom_Detail

▼ 本人確認書類を送信。「護照照片頁」にはパスポート表面、「護照簽名頁」には顔写真記載ページを写真をアップロード。確定提交をクリック

170324_ChinaUnicom_Passport

上記の手続きが完了すると、中国聯通(香港)の個人情報登録が完了となります。

中国移動香港及び中国聯通(香港)の実名登録受付の期限は2017年8月30日まで

中国大陸の携帯番号を保持しておくと、現地で銀行口座が開設できたり、MoBikeや滴滴出行といったライドシェア系アプリを始め、WeChat PayやAliPayに登録することが可能です。記事時点ではAmazon.co.jpにて中国聯通(香港)の「跨境王」が販売されています。

▼ 実名登録したくない + 中国からの利用が制限されているFacebook、TwitterなどのSNSや各種Googleサービスなどを現地で使いたい方はこちらのデータ専用SIMがオススメです。

SPONSORED LINK

170323_ChinaUnicom_Realname

このエントリをSNS共有/RSS登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です